空き巣に狙われるのがガラスが嵌め込まれたドアやガラス窓である。
ガラスが割られてその穴から手を差し込んで内側の鍵を回してしまうという手法だ。この手法のことを「こじ破り」と呼んでいる。

このようなこじ破りでたとえ防犯フィルムを貼って対策しているような窓でも割られてしまうことがある。

防犯フィルム以外の有効な対策をとって空き巣を防ぐ必要があるといえるだろう。

ガラスに対しては防犯フィルムをはるよりは防犯ガラスに交換したほうが効果的である。防犯フィルムは割られてしまう可能性があるからだ。
また、防犯ガラスも完璧とは言えない。よほど防犯グレードの高いものでないと時間をかけて割られてしまう可能性がある。
最悪ガラスを割られてしまっても鍵が開けられることのないように食い止められる対策を施しておく必要があるといえる。

鍵のついたクレセント錠をつかったり、窓の上下にビスで留めた鍵式の補助錠を取り付けたほうが効果的だといえる。

さらに高強度の面格子を取り付けておけばまず侵入されることはない。
しかし、面格子を窓の全てに取り付けるのも難しい話だ。見栄えの問題もある。
面格子はトイレや浴室のみに限定するとして、他の箇所の窓でしっかり対策を行うようにしよう。

 

 

おすすめの鍵屋

補助錠など鍵の取り付けも鍵屋にお任せ下さい